ブレンド×ブレンド

今日は、お手持ちのブレンドをもっと楽しむために、
「ブレンドとブレンドをブレンドしてみましょう!」という提案です。

香りをデザインしたり、ブレンドして楽しむことは「ファッション」にも通じるところがあります。
例えば、1枚のワンピース。
ハイヒールを合わせればエレガントですが、サンダルやミュールだとカジュアルさやリゾート感が演出できますよね。
また、カーディガンを羽織れば「ちょっとそこまで」の気軽な感じですが、ジャケットに替えればフォーマルな印象になります。

香りも同様に、重ねるもの(加えるもの)で雰囲気が変わります。

それでは、まずはお気に入りのアロマブレンドを1本、手に取ってください。
例えば…今回は【Boyfriend】ボーイフレンドにしてみましょうか。

今一度【Boyfriend】の香りを鼻で味わいます。
グレープフルーツのリフレッシュ感あふれる軽やかさの先に、クラリセージのユニークなグリーンが乗って、とても楽しげです。

ブレンド×ブレンド その1
【Boyfriend】×【Deep Relax】

では、ここに全く雰囲気の異なる、重めのエキゾチックフローラルの【Deep Relax】ディープリラックスをブレンドしてみましょう。
ディープリラックス

比率は【Boyfriend】:【Deep Relax】=1:4で。
この時は、マッサージオイル用にブレンドしました。
マカデミアナッツオイル15mlに、それぞれ3滴、12滴入れてよく振り混ぜます。
オイルベースだと香りがまったりゆっくり立ち上っていいかんじです。
深くリラックスしたいけど、【Deep Relax】だけだと香りが渋すぎる、官能的すぎる、というときにオススメのブレンド。
比率を変えれば全く異なる印象になります。
いろいろ試してみましょう。

ちなみに、お部屋に香りを広がらせたいときは、ブレンドをそれぞれ受け皿に落とすより、あらかじめ混ぜ合わせておいたほうがベターです。
香りが最初からまとまっていますからね。
手早く済ませたいときは、容器にいくつかの精油やブレンドを滴下して、すこし揺らして混ぜ(混ざりきってないのですが)そこにお湯を注いで香りを瞬時に広げます。
近くで嗅ぐとバラバラの香りが鼻に飛び込んできますが、数分経って部屋全体を香れば、「混ざった」香りになっています。

ブレンド×ブレンド その2
【Boyfriend】×【Paradiso】

同じくエキゾチックフローラルですが軽めな【Paradiso】パラディーゾ。

パラディーソ

比率は【Boyfriend】:【Paradiso】=1:3
より楽天的になって、いいですね。

初めて【paradiso 】(楽園)を作ったときは、グレープフルーツを主役にしたんです。
なぜなら、グレープフルーツのラテン名はcitrus paradisiだから。
しかし、数年前に処方を見直して大きく変えまして、現在の【Paradiso】にはグレープフルーツは1滴も入っていません。
一方、【Boyfriend】はグレープフルーツが主役。たっぷり入っています。
ですから、【Paradiso】に【Boyfriend】が加わることで、本当の「楽園」が完成するのですね。
深い…かもしれない。

ブレンド×ブレンド その3
【Boyfriend】×【Reset】

今度はガラッと印象を変えて、シャープですっきりした香りにしましょう。
【Reset】リセットをブレンドします。
リセット

さっきまで【Boyfriend】と【Paradiso】で【Deep Relax】だったのに、いきなり【Reset】してしまうという衝撃の展開。

【Boyfriend】:【Reset】=1:2
ユーカリやミントの鋭さに、男性的でありながら少しのまろやかさと軽さが加わり、陰影がある香りになるんですね。
なんだかセクシーな雰囲気すらあり、春から夏にかけて大人気のブレンドでした。私もこれ大好き。

以上、ブレンド×ブレンドいかがでしたでしょうか。
いつもの香りに別の香りをプラスすることで、新鮮な発見や楽しみが広がります。

マッサージでお越しの際に香りを選ぶのですが、こんな風にブレンドすることもよくあります。
香りを選ぶうちに、ブレンドにつけたタイトルの組み合わせで、上記ご紹介のようになることもあるんですよ。

リセットのままでもアレなので、次回は「ストーリー」を軸にしたブレンド選びを書いてみましょうかねぇ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA