「認知症がある人との接し方 初心者向けショートセミナー」次回開催のお知らせ

6/6(木)、6/9(日)とご参加くださった皆さん、講師の寺田さん、ありがとうございました。

和やかな雰囲気の中、皆さん熱心に寺田さんのお話を聞いていらっしゃいました。

一通りお話が終わってから、参加された方々が自然とそれぞれの状況をお話してくださったり、ご質問くださいました。

それらをみんなで共有できるのも「会」のよいところで、短い時間ではありましたがとてもよい時間を過ごせました。

ありがとうございました。

「接し方」が大切なわけ

参加された方々の理由は様々で、

「現時点でご家族に認知症がある方がいる」

「これからの介護に備えて」

「もう過ぎてしまったけれど、あれでよかったんだろうかともやもやが残っている」

「仕事で生かせるかと」

「自分自身が認知症になるかもしれないので」

「まったく未知なので来てみた」

など。

セミナーでは、「認知症」の正確な理解から始まります。

そして、認知症がある方とどのように接していくかを、寺田さんが事例を交えながらお話くださいます。

記憶力や認知機能が低下してきても、認知症がある人は、接する人の優しさ、怒りなどを敏感に感じるそうです。

接し方次第で、その方の状態もかわってくるとのこと。

だから、接し方がとても大事なのです。

根底にあるのは、相手を知ろうとする気持ち。

そしてなぜそのような行動に結びつくのか、想像してみること。

とても丁寧な「人との接し方」を学んだように思います。

次回の開催

さっそくですが、次回の開催日時が決まりました。

2019/7/8(月)19:00です。

ぜひご参加くださいね。ご予約お待ちしております。

認知症がある人との接し方
初心者向けショートセミナー

日時 2019年7月8日 月曜日 19時
場所 アロマセラピーサロン ムーア 武蔵野市吉祥寺東町1-4-23 フォコ103

講師 寺田真理子さん

費用 2000円 書籍「認知症の介護のために知っておきたいこと パーソンセンタードケア入門」のプレゼント付き

問い合わせ 電話 08032572552

「認知症がある人との接し方」ショートセミナー お申込み

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA