足のだるさ 冷やすと取れるかもしれません

川の水に足を浸している写真

秋の風が吹くようになってほっとしていますが、まだまだ日中は太陽の光も強くて暑いです。
ここのところ、足のだるさやむくみを訴える方が続いています。
触ってみると、足首から下がとても熱く、その他の身体の部位はそれほどでもありません。
手も熱い場合が多いです。
そういう場合は、まず足や手を水につけて冷やしてみてください。

夏の身体は、熱を出したい

夏の身体は、体温調節のために熱を体の外に出したいのです。
手や足を水につけてあげると、体の熱が速やかに水に吸収されて、楽になってくると思います。
熱がこもっていると身体はツライですし、熱中症の予防にもなるでしょう。

冷え性の方や、健康・美容に気を使われている方だと「足を冷やす」ことに少し抵抗があるかもしれません。
水は、キンキンに冷えてなくても大丈夫です。
まずは水道の水に5~10分ほどつけて、様子をみてみてください。
身体や気持ちが楽になるようでしたら、この方法は今のあなたの身体に合っています。

冷えが気になる時は、温かいお茶や白湯などを飲み、お腹の中を温めてあげるといいかもしれません。
熱は末端から出ていこうとするので、お腹は逆に冷えがちです。

おすすめアロマ

ペパーミントやハッカ油などを少しだけたらすと、冷却効果がさらに増し、清涼感のある香りで気分もよくなります。
冷却作用が強いので、入れすぎにはご注意を。

縁側でたらいに足をひたす、あの風景を思い出しますね。
暑い時期、足がだるくて気持ちが悪い時はぜひ試してみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA